失敗しにくい資産形成とは。「大きくもうける夢」から「いざという時、頼りにできる存在」へ

株式評論家でありファイナンシャルプランナー(FP)としても活躍するお金のプロ、木村佳子さんは、全国各地で講演活動を行い、様々な個人投資家と接する中で「資産形成に失敗しやすい人」の行動に潜む「ある法則」に気づいたそうです。それは一体どのような法則なのでしょうか?

今回は資産形成に失敗しやすい人の特徴と、資産形成をはじめる際にそうした失敗パターンに陥らないための心構えをうかがうことにしました。

木村佳子さんプロフィール
 個人投資家向け経済情報番組のラジオ・キャスターを経て女性で初めての株式評論家として活動。財務省財政制度等審議会国有財産分科会専門委員(5期10年)、日本IRプランナーズ協会理事、「企業の個人投資家向けIR研究会」座長を経て同協会理事長に就任。日本ファイナンシャルプランナーズ協会CFP、一級ファイナンシャル・プランニング技能士。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了(ファイナンス修士)。豊富な専門知識をもとに、個人投資家向けの講演を全国で多数開催。

――木村さんは様々な個人投資家と接するなかで、資産形成に失敗しやすい人の特徴に気づかれたそうですね。一体どのような人が失敗しやすいのでしょうか。

木村: 一つめは、何のために資産形成をするのかという目的を持たないままに投資を始める人。二つめは、一度にまとまったお金を投資してしまう人。資産形成に失敗しやすいのは、このような投資行動をする方だと思います。特段の目的もなく、まとまったお金を一度に投資すると、目先の利益や損失に振り回されてしまうことにもなりかねません。

資産形成を始める目的は人それぞれです。たとえば、“子供の教育費”、“退職後の生活費”、“マイホームの頭金”、“自分へのご褒美・旅行”など。このようなゴールに向かってお金に働いてもらう。やはり、長期投資が基本ですね。 なかには“今は明確なゴールを描けないが、お金を働かせたい、殖やしたい”という方もいらっしゃるかと思います。これも、多くの場合「いざというときのため」、「将来のため」という場合が多く、立派な目的だと言えます。 

 

――では、「目的や計画性」を持ったうえでの次のステップとして、投資とどのような付き合い方をしていけば良いですか。

木村: 焦らず自分なりのゴールに向かって資産形成をしてくための1つの方法として、毎月「コツコツ」「つみたてる」というのはいかがでしょうか。サラリーマンの方など、定期的な収入がある方ならではの方法で、少額から無理なく続けられるのでおすすめです。

「つみたて」は、預貯金はもちろんのこと、株式やリート(不動産投資信託証券)などでもできます。少ない資金でいろんな資産に分散するなら投資信託を利用するという手もあります。たとえば、2千円ずつ、日本、米国、ヨーロッパ、新興国を投資対象とする投資信託にそれぞれ分散すれば月8千円です。また、バランス型ファンドを活用すれば、1本で国や地域の分散、株式や債券などの資産の分散投資が手軽にできるものもあります。

大切なことは、自分に似合う服を探すように、投資も自分に合うような形を見つけていくことです。 

――「コツコツ」「つみたてる」というのは、初心者でも投資への一歩を踏み出しやすそうですね。具体的には、どのようなアクションを起こしていくべきでしょうか。

木村: まずは「無理なく始められる金額」を家計から把握し、つみたてに回してみませんか。資産形成を続けていくためには「ストレスフリー」であることも大切ですよね。ご参考までに、三菱UFJ国際投信がつみたて投資をしている人にアンケートをした結果では、毎月2万円未満でつみたて投資をしている人が多いようです( アンケートの詳細はこちら(2017年3月実施) )。冒頭の失敗しやすい人の例のように、多額の資金を一度に投じてしまうと価格変動が気になりますし、損失が大きくなると誰しも不安になるものです。ちなみに、私も20歳代からずっとつみたて投資を実践しています。これが今では頼りがいのある存在に育っていますよ(笑)。

 

――でも、もしかするとまだ迷っている人がいるかもしれないですね。そういった方に何かアドバイスはありますか。

木村: 平均的な公的年金支給額は減少傾向が続く一方で、はがきやビール、荷物の運賃など生活に身近なものの値上げが続いています。さらに、2019年には消費増税も予定されています。これで収入が増やせない生活が続くと将来のお財布状況は厳しいと思います。ある調査では、老後の生活について、『心配である』と回答した世帯が83%にものぼり、将来への金銭面での「不安」がデータにも表れています。(出所:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)2016年」)「不安に感じる」ということは、一つの気付きです。その気付きから、一歩行動に踏み出すきっかけに、「つみたて投資」を検討してみてはいかがでしょうか。

――本日はありがとうございました!

*投信1(トウシンワン)は、初めて投資信託に挑戦する方々をはじめ、投資の初中級者を応援するウェブサービスです。http://www.toushin-1.jp/


留意事項

■当コラムは、投資の基本的な考え方をご理解いただくために、三菱UFJ国際投信が投信1から提供された記事を基に作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は投資勧誘を目的とするものではありません。

■投信1および執筆業務委託先は、記事の内容に関する記事購読者からのご質問への対応など、個別相対性のある追加サービスは行いません。但し、記事内容につき不適切な内容があり、当該内容について確認、修正、削除依頼をいただく場合はこの限りではありません。

失敗しにくい資産形成とは。
「大きくもうける夢」から「いざという時、頼りにできる存在」へ

株式評論家でありファイナンシャルプランナー(FP)としても活躍するお金のプロ、木村佳子さんは、全国各地で講演活動を行い、様々な個人投資家と接する中で「資産形成に失敗しやすい人」の行動に潜む「ある法則」に気づいたそうです。それは一体どのような法則なのでしょうか?

今回は資産形成に失敗しやすい人の特徴と、資産形成をはじめる際にそうした失敗パターンに陥らないための心構えをうかがうことにしました。

木村佳子さんプロフィール
個人投資家向け経済情報番組のラジオ・キャスターを経て女性で初めての株式評論家として活動。財務省財政制度等審議会国有財産分科会専門委員(5期10年)、日本IRプランナーズ協会理事、「企業の個人投資家向けIR研究会」座長を経て同協会理事長に就任。日本ファイナンシャルプランナーズ協会CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了(ファイナンス修士)。豊富な専門知識をもとに、個人投資家向けの講演を全国で多数開催。

木村佳子さん

――木村さんは様々な個人投資家と接するなかで、資産形成に失敗しやすい人の特徴に気づかれたそうですね。一体どのような人が失敗しやすいのでしょうか。

木村:一つめは、何のために資産形成をするのかという目的を持たないままに投資を始める人。二つめは、一度にまとまったお金を投資してしまう人。資産形成に失敗しやすいのは、このような投資行動をする方だと思います。特段の目的もなく、まとまったお金を一度に投資すると、目先の利益や損失に振り回されてしまうことにもなりかねません。

資産形成を始める目的は人それぞれです。たとえば、“子供の教育費”、“退職後の生活費”、“マイホームの頭金”、“自分へのご褒美・旅行”など。このようなゴールに向かってお金に働いてもらう。やはり、長期投資が基本ですね。
なかには“今は明確なゴールを描けないが、お金を働かせたい、殖やしたい”という方もいらっしゃるかと思います。これも、多くの場合「いざというときのため」、「将来のため」という場合が多く、立派な目的だと言えます。 

――では、「目的や計画性」を持ったうえでの次のステップとして、投資とどのような付き合い方をしていけば良いですか。

木村:焦らず自分なりのゴールに向かって資産形成をしてくための1つの方法として、毎月「コツコツ」「つみたてる」というのはいかがでしょうか。サラリーマンの方など、定期的な収入がある方ならではの方法で、少額から無理なく続けられるのでおすすめです。

「つみたて」は、預貯金はもちろんのこと、株式やリート(不動産投資信託証券)などでもできます。少ない資金でいろんな資産に分散するなら投資信託を利用するという手もあります。たとえば、2千円ずつ、日本、米国、ヨーロッパ、新興国を投資対象とする投資信託にそれぞれ分散すれば月8千円です。また、バランス型ファンドを活用すれば、1本で国や地域の分散、株式や債券などの資産の分散投資が手軽にできるものもあります。

 

大切なことは、自分に似合う服を探すように、投資も自分に合うような形を見つけていくことです。 

――「コツコツ」「つみたてる」というのは、初心者でも投資への一歩を踏み出しやすそうですね。具体的には、どのようなアクションを起こしていくべきでしょうか。

木村:まずは「無理なく始められる金額」を家計から把握し、つみたてに回してみませんか。資産形成を続けていくためには「ストレスフリー」であることも大切ですよね。ご参考までに、三菱UFJ国際投信がつみたて投資をしている人にアンケートをした結果では、毎月2万円未満でつみたて投資をしている人が多いようです(アンケートの詳細はこちら(2017年3月実施))。冒頭の失敗しやすい人の例のように、多額の資金を一度に投じてしまうと価格変動が気になりますし、損失が大きくなると誰しも不安になるものです。ちなみに、私も20歳代からずっとつみたて投資を実践しています。これが今では頼りがいのある存在に育っていますよ(笑)。

――でも、もしかするとまだ迷っている人がいるかもしれないですね。そういった方に何かアドバイスはありますか。

木村:平均的な公的年金支給額は減少傾向が続く一方で、はがきやビール、荷物の運賃など生活に身近なものの値上げが続いています。さらに、2019年には消費増税も予定されています。これで収入が増やせない生活が続くと将来のお財布状況は厳しいと思います。ある調査では、老後の生活について、『心配である』と回答した世帯が83%にものぼり、将来への金銭面での「不安」がデータにも表れています。(出所:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)2016年」)「不安に感じる」ということは、一つの気付きです。その気付きから、一歩行動に踏み出すきっかけに、「つみたて投資」を検討してみてはいかがでしょうか。

――本日はありがとうございました!

*投信1(トウシンワン)は、初めて投資信託に挑戦する方々をはじめ、投資の初中級者を応援するウェブサービスです。http://www.toushin-1.jp/



留意事項

■当コラムは、投資の基本的な考え方をご理解いただくために、三菱UFJ国際投信が投信1から提供された記事を基に作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は投資勧誘を目的とするものではありません。

■投信1および執筆業務委託先は、記事の内容に関する記事購読者からのご質問への対応など、個別相対性のある追加サービスは行いません。但し、記事内容につき不適切な内容があり、当該内容について確認、修正、削除依頼をいただく場合はこの限りではありません。

PORTSTAR eMAXIS最適化バランス eMAXIS Slim ツミタテントゥ
どんなファンドをお探しですか?