投資初心者にもオススメの「つみたてNISA」で資産形成デビュー!

2018年1月からスタートの「つみたてNISA」。でも一体どういうもの?私にも役立つの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで今回は新しい制度であるつみたてNISAのしくみをご紹介していきます。また、ファイナンシャルプランナー(FP)の木村佳子さんにつみたてNISAを活用するためのアドバイスもいただきました。

木村佳子さんプロフィール
 個人投資家向け経済情報番組のラジオ・キャスターを経て女性で初めての株式評論家として活動。財務省財政制度等審議会国有財産分科会専門委員(5期10年)、日本IRプランナーズ協会理事、「企業の個人投資家向けIR研究会」座長を経て同協会理事長に就任。日本ファイナンシャルプランナーズ協会CFP、一級ファイナンシャル・プランニング技能士。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了(ファイナンス修士)。豊富な専門知識をもとに、個人投資家向けの講演を全国で多数開催。

■「つみたてNISA」ってどんなもの?これまでの一般NISAと何が違うの?

2018年1月スタートの「つみたてNISA」は、長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度。すでに2014年からスタートしている一般NISAとつみたてNISAは、どういった違いがあるのでしょうか。

大きな違いのひとつは「非課税期間」の違いです。一般NISAは5年間ですが、つみたてNISAは20年間もあり、長期にわたって資産形成を支えるしくみとなっています。 

次に「非課税投資枠」の違いです。一般NISAが上限年120万円であるのに対し、つみたてNISAは40万円と3分の1。(20年間つみたてると最大800万円です。)毎月少額ずつつみたてながら資産形成を行うことを目的として作られた制度であることがわかります。

また、「対象商品」にも違いがあります。一般NISAでは株式や投資信託など幅広い金融商品が対象ですが、つみたてNISAは長期の積立・分散投資に適した金融庁が求める一定要件を満たした投資信託やETFに限られています。 

表

そう考えると、「老後の生活資金や子どもの大学進学に向けた費用など、より長期的な視点での資産形成やお金の使い道を考えている人」や「投資信託だけでも数千とある商品の中から選ぶのが難しいと考えている人」には、つみたてNISAが有効活用できそうですね。

ちなみに、一般NISAとつみたてNISAは併用できないので、どちらかを選ばなければなりません。

木村さんからのワンポイントアドバイス

「初心者や忙しい人には『つみたてNISA』が向いている!」

たとえば、一般NISAで数多くある投資信託の中から選んで購入しようとした場合、初心者や忙しい人だと、どの投資信託を選べばいいか、いつ買えばいいかタイミングに迷ってしまって結局決められないというケースもあると思います。その点、「つみたてNISA」なら、一定の条件を満たした投資信託などから選べるのがいいですね。

また「あらかじめ決めた金額を続けて投資する」のが“つみたて”のいいところ。少額から始められますし、時間と価格の分散ができることや購入するタイミングに迷わないので初心者や忙しい人に向いた方法といえます。

 

■初心者がはじめるきっかけになる!?つみたてNISAは税金がゼロになるお得な制度

いわゆる「投資」をすると、譲渡益や分配金などの利益が発生したとき、そのうちの約20%が税金として引かれてしまいます。ところが、今回スタートするつみたてNISAを利用すると、この税金が非課税になり、節税できる分お得です。

しかも、先ほどもご紹介したとおり、つみたてNISAでは20年という長期間にわたって投資で得た利益が非課税になります。毎年上限額までつみたて投資を行うと、最大800万円の投資から得られた運用益にかかる税金がゼロになります。長期投資を考えている人にとっては、とてもありがたい制度ですね。

木村さんからのワンポイントアドバイス

「節税のしくみを知ってしっかりお得をゲットしましょう」

私たちは普段のお買いもので「お買い得商品」「お買い得価格」「効率的なポイント取得」などに敏感に反応しています。多様な場面で磨いてきたアンテナを資産形成のために活かしてみませんか?「税コストの削減」という点で、つみたてNISAはコツコツ資産形成する人にとって利用し甲斐のある減税制度です。しくみをしっかり知って、大いに利用したいものですね。

■つみたてNISAの対象商品にはどんなものがあるの?

つみたてNISAの対象商品は金融庁の要件を満たした、長期のつみたてに適した商品に限定されています。ちなみに、2017年11月22日時点で金融庁に届出があった対象商品は全部で124本となっています。

また通常、投資信託の購入時には「購入時手数料」、そして保有期間中には「信託報酬」などのコストがかかります。これらのコストが気になるという方もいるかもしれませんが、つみたてNISAの対象となる投資信託は金融庁の一定基準を満たしたコストの低いものが揃っていますよ。

木村さんからのワンポイントアドバイス

「投資初心者の投信選びはインデックスファンドから。バランス型ファンドも選択肢です」

つみたてNISAの対象商品は、コストが低いものが揃っていますが、そのなかでも投資初心者ならインデックスファンドからコツコツ始めてみるといいでしょう。

インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIXなどの指数の動きに連動することを目標として運用されるファンドをいいます。日経平均株価などは、日頃からニュースなどでよく耳にする身近な指数ですから、チャレンジしやすいのではないでしょうか。日本だけでなく海外にも投資したい、株式や債券、REITなど複数の資産に投資したいといった場合は、1本で分散投資できるバランス型ファンドを選択するといいでしょう。

 

■つみたてNISAで月々いくら“つみたて”ていけばいい?

つみたてNISAでは、非課税投資枠の上限が1年あたり40万円。最大限活用するとしても月々にすれば3万3千円ほどです。ですが、無理は禁物です。毎月コツコツ、少額から無理なく“つみたてる“のは、サラリーマンなど定期的な収入がある方ならではの方法です。まずは無理のない範囲で続ける方法を考えてみませんか?

ちなみに三菱UFJ国際投信がつみたて投資をしている人にアンケートをした結果(2017年3月実施)では、毎月2万円未満でつみたて投資をしている人が約60%と多いようですよ。

木村さんからのワンポイントアドバイス

「つみたて用の1万円を家計の見直しで生み出すには?」

収入の何%を投資に回せるかは、家族構成や年代によっても異なるので一概には言えません。月々いくら捻出できるかと考えると窮屈な感じがしますが、たとえばつみたて額を月1万円と決めたなら、家計の無駄も見直していけると一石二鳥です。生活の見直しで生まれたお金をつみたてに回してみましょう。

■つみたて投資を始めるタイミングって?

2017年秋、久しぶりの株高に沸いた日本株式市場。「もう割高なのではないだろうか」「せっかく投資を始めるならもう少し株価が下がってからにしたほうが」などと思っていませんか?

でも、長期つみたて投資を考えるなら、目先のタイミングは投資成果とはあまり関係ありません。仮に、バブル崩壊直前から現在まで日本株式で月1万円つみたて投資を続けたとすると、この10月までの投資元本(333万円)に対して180万円以上も利益が出るという試算結果もあるのです。

つみたて投資ではなく、1990年の1月末に333万円を一括投資していたとしたら、まだ60%の水準にしか戻っていません。これがつみたて投資の効果です。つみたて投資で毎月一定額を投資した場合、購入時期の分散により購入価格を平準化し、さらに株価が下がったときにも継続して投資することで平均の購入価格を抑えることができます。

「相場が下落したときに投資する」というのは、心理的に難しいものです。その点、毎月少額でのつみたて投資なら、ハードルが低く感じられそうですね。

1990年1月から日本株式に毎月1万円ずつ積立投資をした場合のシミュレーション

木村さんからのワンポイントアドバイス

「はじめるなら今!? 20年間もあるつみたてNISAの非課税期間を味方につけましょう」

医療の進歩などの効果で平均寿命がのび、100歳まで生きることがあたりまえになるかもしれないといわれている中、私たちは長生きリスクについても考えなければいけません。体の不調も始まり、介護費用の問題も発生しやすい年齢になってから、万が一貯蓄が早々に底をつくようなことがあれば、老後貧困という状況も意識されてきます。

やはり、定期的な収入がある若いときから、将来を見据えて資産形成に励む必要があるのではないでしょうか。時間は誰にも平等にあるものですが、それを活かすかどうかはあなたの考え方次第です。
国が税金をゼロにするお得な制度を設けて、私たちの資産形成を後押ししてくれています。
私もその後押しをうけて、早速つみたてNISAを活用しようと思っています。

■まとめ

いかがでしたか?つみたてNISAは投資初心者や忙しい人が長い目で資産形成を続けていくのにぴったりな制度といえそうです。あなたもつみたてNISAで資産形成デビューをしてみませんか?


*投信1(トウシンワン)は、初めて投資信託に挑戦する方々をはじめ、投資の初中級者を応援するウェブサービスです。http://www.toushin-1.jp/


留意事項

■当コラムは、投資の基本的な考え方をご理解いただくために、三菱UFJ国際投信が投信1から提供された記事を基に作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は投資勧誘を目的とするものではありません。

■投信1および執筆業務委託先は、記事の内容に関する記事購読者からのご質問への対応など、個別相対性のある追加サービスは行いません。但し、記事内容につき不適切な内容があり、当該内容について確認、修正、削除依頼をいただく場合はこの限りではありません。

投資初心者にもオススメの「つみたてNISA」で資産形成デビュー!

2018年1月からスタートの「つみたてNISA」。でも一体どういうもの?私にも役立つの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで今回は新しい制度であるつみたてNISAのしくみをご紹介していきます。また、ファイナンシャルプランナー(FP)の木村佳子さんにつみたてNISAを活用するためのアドバイスもいただきました。

木村佳子さんプロフィール
個人投資家向け経済情報番組のラジオ・キャスターを経て女性で初めての株式評論家として活動。財務省財政制度等審議会国有財産分科会専門委員(5期10年)、日本IRプランナーズ協会理事、「企業の個人投資家向けIR研究会」座長を経て同協会理事長に就任。日本ファイナンシャルプランナーズ協会CFP、一級ファイナンシャル・プランニング技能士。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了(ファイナンス修士)。豊富な専門知識をもとに、個人投資家向けの講演を全国で多数開催。

■「つみたてNISA」ってどんなもの?これまでの一般NISAと何が違うの?

2018年1月スタートの「つみたてNISA」は、長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度。すでに2014年からスタートしている一般NISAとつみたてNISAは、どういった違いがあるのでしょうか。

大きな違いのひとつは「非課税期間」の違いです。一般NISAは5年間ですが、つみたてNISAは20年間もあり、長期にわたって資産形成を支えるしくみとなっています。 

次に「非課税投資枠」の違いです。一般NISAが上限年120万円であるのに対し、つみたてNISAは40万円と3分の1。(20年間つみたてると最大800万円です。)毎月少額ずつつみたてながら資産形成を行うことを目的として作られた制度であることがわかります。

また、「対象商品」にも違いがあります。一般NISAでは株式や投資信託など幅広い金融商品が対象ですが、つみたてNISAは長期の積立・分散投資に適した金融庁が求める一定要件を満たした投資信託やETFに限られています。 

表

そう考えると、「老後の生活資金や子どもの大学進学に向けた費用など、より長期的な視点での資産形成やお金の使い道を考えている人」や「投資信託だけでも数千とある商品の中から選ぶのが難しいと考えている人」には、つみたてNISAが有効活用できそうですね。

ちなみに、一般NISAとつみたてNISAは併用できないので、どちらかを選ばなければなりません。

初心者マーク

木村さんからのワンポイントアドバイス
「初心者や忙しい人には『つみたてNISA』が向いている!」

たとえば、一般NISAで数多くある投資信託の中から選んで購入しようとした場合、初心者や忙しい人だと、どの投資信託を選べばいいか、いつ買えばいいかタイミングに迷ってしまって結局決められないというケースもあると思います。その点、「つみたてNISA」なら、一定の条件を満たした投資信託などから選べるのがいいですね。

また「あらかじめ決めた金額を続けて投資する」のが“つみたて”のいいところ。少額から始められますし、時間と価格の分散ができることや購入するタイミングに迷わないので初心者や忙しい人に向いた方法といえます。

■初心者がはじめるきっかけになる!?つみたてNISAは税金がゼロになるお得な制度

いわゆる「投資」をすると、譲渡益や分配金などの利益が発生したとき、そのうちの約20%が税金として引かれてしまいます。ところが、今回スタートするつみたてNISAを利用すると、この税金が非課税になり、節税できる分お得です。

しかも、先ほどもご紹介したとおり、つみたてNISAでは20年という長期間にわたって投資で得た利益が非課税になります。毎年上限額までつみたて投資を行うと、最大800万円の投資から得られた運用益にかかる税金がゼロになります。長期投資を考えている人にとっては、とてもありがたい制度ですね。

木村さんからのワンポイントアドバイス
「節税のしくみを知ってしっかりお得をゲットしましょう」

私たちは普段のお買いもので「お買い得商品」「お買い得価格」「効率的なポイント取得」などに敏感に反応しています。多様な場面で磨いてきたアンテナを資産形成のために活かしてみませんか?「税コストの削減」という点で、つみたてNISAはコツコツ資産形成する人にとって利用し甲斐のある減税制度です。しくみをしっかり知って、大いに利用したいものですね。

■つみたてNISAの対象商品にはどんなものがあるの?

つみたてNISAの対象商品は金融庁の要件を満たした、長期のつみたてに適した商品に限定されています。ちなみに、2017年11月22日時点で金融庁に届出があった対象商品は全部で124本となっています。

また通常、投資信託の購入時には「購入時手数料」、そして保有期間中には「信託報酬」などのコストがかかります。これらのコストが気になるという方もいるかもしれませんが、つみたてNISAの対象となる投資信託は金融庁の一定基準を満たしたコストの低いものが揃っていますよ。

地球儀

木村さんからのワンポイントアドバイス
「投資初心者の投信選びはインデックスファンドから。バランス型ファンドも選択肢です」

つみたてNISAの対象商品は、コストが低いものが揃っていますが、そのなかでも投資初心者ならインデックスファンドからコツコツ始めてみるといいでしょう。

インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIXなどの指数の動きに連動することを目標として運用されるファンドをいいます。日経平均株価などは、日頃からニュースなどでよく耳にする身近な指数ですから、チャレンジしやすいのではないでしょうか。日本だけでなく海外にも投資したい、株式や債券、REITなど複数の資産に投資したいといった場合は、1本で分散投資できるバランス型ファンドを選択するといいでしょう。

■つみたてNISAで月々いくら“つみたて”ていけばいい?

つみたてNISAでは、非課税投資枠の上限が1年あたり40万円。最大限活用するとしても月々にすれば3万3千円ほどです。ですが、無理は禁物です。毎月コツコツ、少額から無理なく“つみたてる“のは、サラリーマンなど定期的な収入がある方ならではの方法です。まずは無理のない範囲で続ける方法を考えてみませんか?

ちなみに三菱UFJ国際投信がつみたて投資をしている人にアンケートをした結果(2017年3月実施)では、毎月2万円未満でつみたて投資をしている人が約60%と多いようですよ。

木村さんからのワンポイントアドバイス
「つみたて用の1万円を家計の見直しで生み出すには?」

収入の何%を投資に回せるかは、家族構成や年代によっても異なるので一概には言えません。月々いくら捻出できるかと考えると窮屈な感じがしますが、たとえばつみたて額を月1万円と決めたなら、家計の無駄も見直していけると一石二鳥です。生活の見直しで生まれたお金をつみたてに回してみましょう。

■つみたて投資を始めるタイミングって?

2017年秋、久しぶりの株高に沸いた日本株式市場。「もう割高なのではないだろうか」「せっかく投資を始めるならもう少し株価が下がってからにしたほうが」などと思っていませんか?

でも、長期つみたて投資を考えるなら、目先のタイミングは投資成果とはあまり関係ありません。仮に、バブル崩壊直前から現在まで日本株式で月1万円つみたて投資を続けたとすると、この10月までの投資元本(333万円)に対して180万円以上も利益が出るという試算結果もあるのです。

つみたて投資ではなく、1990年の1月末に333万円を一括投資していたとしたら、まだ60%の水準にしか戻っていません。これがつみたて投資の効果です。つみたて投資で毎月一定額を投資した場合、購入時期の分散により購入価格を平準化し、さらに株価が下がったときにも継続して投資することで平均の購入価格を抑えることができます。

「相場が下落したときに投資する」というのは、心理的に難しいものです。その点、毎月少額でのつみたて投資なら、ハードルが低く感じられそうですね。

1990年1月から日本株式に毎月1万円ずつ積立投資をした場合のシミュレーション

木村さんからのワンポイントアドバイス
「はじめるなら今!? 20年間もあるつみたてNISAの非課税期間を味方につけましょう」

医療の進歩などの効果で平均寿命がのび、100歳まで生きることがあたりまえになるかもしれないといわれている中、私たちは長生きリスクについても考えなければいけません。体の不調も始まり、介護費用の問題も発生しやすい年齢になってから、万が一貯蓄が早々に底をつくようなことがあれば、老後貧困という状況も意識されてきます。

やはり、定期的な収入がある若いときから、将来を見据えて資産形成に励む必要があるのではないでしょうか。時間は誰にも平等にあるものですが、それを活かすかどうかはあなたの考え方次第です。
国が税金をゼロにするお得な制度を設けて、私たちの資産形成を後押ししてくれています。
私もその後押しをうけて、早速つみたてNISAを活用しようと思っています。

■まとめ

いかがでしたか?つみたてNISAは投資初心者や忙しい人が長い目で資産形成を続けていくのにぴったりな制度といえそうです。あなたもつみたてNISAで資産形成デビューをしてみませんか?

*投信1(トウシンワン)は、初めて投資信託に挑戦する方々をはじめ、投資の初中級者を応援するウェブサービスです。http://www.toushin-1.jp/



留意事項

■当コラムは、投資の基本的な考え方をご理解いただくために、三菱UFJ国際投信が投信1から提供された記事を基に作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は投資勧誘を目的とするものではありません。

■投信1および執筆業務委託先は、記事の内容に関する記事購読者からのご質問への対応など、個別相対性のある追加サービスは行いません。但し、記事内容につき不適切な内容があり、当該内容について確認、修正、削除依頼をいただく場合はこの限りではありません。

PORTSTAR eMAXIS最適化バランス eMAXIS Slim ツミタテントゥ
ファンドをお探しの方へ